レオスナイパー発売!そして完売!【開発秘話1】

5月22日よりヨーヨーストアリワインドで「SY-002レオスナイパー」(プレリリース版)が発売されました。(写真はリワインド様ストアブログよりお借りしました。)
今回生産分のレオスナイパーは通常品(Aグレード)もアウトレット(Bグレード)も、
全てリワインドに入荷したのですが、5月25日の朝に通常品もアウトレットも完売となってしまいました!
前作のステルスオーガよりも圧倒的な売り上げペースです…。
まだ詳しい構造理念についてもブログ書いてないのに!

<5月26日の19時30分ごろ追記>
シュトルム・パンツァー高速戦闘隊第1A小隊所属の前川伸之介隊員が、
レオスナイパーでトップオンを1分間回している動画です。レオスナイパー強すぎる!

在庫はシュトルム・パンツァーダイレクトベースで取り扱う用のもありません。
慌てて再生産を始めたところなのですが、今後は仕様が変更になり、
重量が66グラムから60グラム近くまで軽量化される、予定です。
軽量化すると↓のグラフの2つの曲線の違いがよりはっきりと見えてくると思います。

 
開発秘話その1<どうしてレオスナイパーが生まれたのか?>

 レオスナイパーはストーリーブックの主人公・蒼井京獅郎の専用機です。
えっ?ステルスオーガが主人公機じゃないの?
と思われがちですが、主人公機はレオスナイパーです。
何故最初にリリースされたのが主人公機ではないステルスオーガなのかというと、

『ヨーヨーを兵器にしてしまう』『ヨーヨーで人を殺せる』

という世界観をまずは作る必要があって、第一弾にリリースするヨーヨーは
とにかく凶悪なヨーヨーでなくてはダメだ!
ということでステルスオーガを作りました。

なのでその次にリリースする主人公機はステルスオーガとは、
全く特性の異なるヨーヨーにしないといけません。
ステルスオーガが「最凶最悪。使い手を選ぶヨーヨー」なのに対し、
「誰にでも使いやすく、ステルスオーガと反対のスペックを持つヨーヨー」。
ステルスオーガの完成度が高い(実質プロトが存在しない)ため、これは難題である。
そこでYoYoLaboratoryで試作を繰り返していた「Style」というヨーヨーに注目。
3段ステップインバースラウンド、インナー真鍮リム、サイズDベアリング、比較的軽量。
おぉ!これぞまさしくステルスオーガの反対を行くヨーヨー!!!!!

『これいいじゃないですか。じゃあこれ主人公機にしちゃいましょうよ。』

という流れで何も深く考えずに主人公機が決まり、名前はゾイドっぽくレオスナイパーと命名。
カラーリングはシュトルム・パンツァーのエムブレムを象徴しています。
ただこの時Styleは未完成で、製品としてリリースするのはどうかという仕上がり具合でした。

最終的にはステルスオーガで得た開発技術を取り入れることで、
ひとまずは「プレリリース版」ではありますが、レオスナイパーとして製品化できました。

ちなみにレオスナイパー、発売と同時にアウトレット品が並ぶという異例なヨーヨーです。
なぜだと思いますか?

商品説明にもありますが、レオスナイパーは構造上どうしてもブレやすいのです。
おかげでアウトレットのBグレード品が大量発生してしまいました。
もちろん通常品、Aグレードとしてリリースしているものはブレませんし、
ブランドイメージの観点から、ブレる物を平気でリリースできるわけがありません。

(ただしブレないヨーヨーを作ることを目的としていないため、
 シュトルム・パンツァー製品がブレの観点で信用出来ない方にはTP社を推奨します。
 むしろTP社のバイメタル機種をお買い求めください。
 その方がヨーヨー市場の景気が上向きになるので、業界全体としては助かります。
 
 1万円台のヨーヨーに性能とブレの無さを同時に求めるのは、各社とも限界であり、
 これ以上を求める方はもっと高額なヨーヨーを購入してください。
 
 シュトルム・パンツァーは、ブランドの趣旨をご理解いただき、
 信じて購入していただいた方だけが幸せになっていただければ、十分ですので、
 ブレに対して非常に神経質なユーザー様に対し、購入を推奨いたしません。
 『ブレてもブレなくても使えりゃ一緒だろっ!』という蒼井京獅郎の決め台詞は、
 今日におけるヨーヨー業界へのアンチテーゼです。)

 

さて、話は戻りますが…
レオスナイパーの構造の各部分を分析すると、

・ボディーとリムで素材の違うバイメタル構造のためブレやすい
・幅方向に対し外側に重量が寄るインバースラウンド形状のためブレやすい
・幅方向に対し、内側が軽量化されて結果的に外側に重量が寄るサイズDベアリング
・さらにサイズDベアリングはサイズCよりローエッジ化するため投げ出しでブレやすい
・アウター真鍮リムよりインナー真鍮リムの方がブレやすい(今度理論を説明します)
・そのインナー真鍮リムが一番ブレやすい位置に取り付けられている
・しかも総重量66グラム中、リムが32グラムで、ブレ始めると影響が大きい
・内周部の軽量化目的で「ヘソ」がなくアクセルも短いため、ブレ始めると影響が大きい

というように、ブレやすい要素が多く詰まっています。
Styleとしては1年以上も試作を繰り返していますが、物理法則からは逃れられません。
これらは同サイズ・形状における回転力を追求した結果であり、欠陥ではありません。
それを高確率でAグレードに仕上げる方法を、何個も潰してBグレード化しているうちに
発見できたので、最終的にはリワインドでAグレードとして販売できる十分な数量を
確保できました。それでも即売り切れてしまいましたが!
次回ロットからはもっと安定してAグレードで仕上げられそうなので、
次回ロットはBグレードを最初からリリースできないかも?
いや、まぁ、Aグレード買ってくださいよ(笑)

ちなみにステルスオーガのブレによるBグレードはほとんど発生しておりません
それぐらいステルスオーガの回転力と回転精度の両立具合は完成しています。
「SY-001Pステルスオーガプロトタイプ」「色が気に入らない」というだけで
プロト扱いになったので、ステルスオーガは最初からこの完成度。
ヨーヨーがブレるかどうかは加工精度ではなく構造で決まる、というのがよく分かりますね。
では続きはJN後にでも。

おっと、シュトルム・パンツァーは2013JNのゴールドスポンサーです。
販売ブースは出しませんが、何やらJNに向けて仕込んでいいますのでお楽しみに。

主人公機「SY-002 レオスナイパー」ロールアウト!

 前回の記事からだいぶ間が空いてしまいましたね、4月~5月GWは本当に大変でした。
シュトルム・パンツァーは単にヨーヨーを作って売っているわけではないので、
ヨーヨー作るよりも、ストーリーブックやその他ストーリー関係作る方が圧倒的に大変です。
(なんせヨーヨーの開発は他人任せなのでw)
ストーリーブックも現在3~5あたりを既に描き始めています。

 さて、「SY-001 ステルスオーガ」に続き、第2弾ヨーヨーの発表です。
シュトルム・パンツァーストーリーブックの主人公・蒼井京獅郎の専用機、
SY-002 レオスナイパー」です!

超々ジュラルミンの3段ステップインバースラウンド
32グラムのインナー真鍮リム、
そしてサイズDベアリング。
比較的軽量ながら、この形状・サイズ内で極限まで回転性能を突き止めた機体です。
仕様やスペック等の詳は公式サイトの「製品情報」のレオスナイパーの項目をご覧ください。


このレオスナイパー、劇中では「タクティカル・アイ」と「ホーミングブースター」により
新戦法「カウンターグレネード」を可能としています。
マジでビックリするぐらい本格的なSF設定があるため、ぜひ設定資料集のPDFをご覧くだい。
これを見たら、「シュトルム・パンツァー」へのイメージがまた一新するでしょう。

「タクティカル・アイ」(.pdf)

「ホーミングブースター」(.pdf)


そしてレオスナイパーに付属する(というかレオスナイパー「が」付属する)
ストーリーブック[2]では、時代が2013年から2015年に移り、いよいよ本編に入りました。
主要キャラが4名揃って、戦闘に参加する京獅郎・零太・豪機がどんな戦い方をするのか?
必殺技(フェイバリットホールド)をその目で確かめろ!

 ~ブレてもブレなくても使えりゃ一緒だろっ!~