【お知らせ・おトクな情報】待望の『レオスナイパー MK-Ⅱ』ロールアウト&レビュー投稿にて特別価格でご提供いたします!

シュトルム・パンツァーファンの皆様、大変長らくお待たせいたしました。
ついに、ついに正式版とも言えるレオスナイパー、

『レオスナイパー MK-Ⅱ』(マークツー)

が仕上がってきました!
今回のカラーは蛍光ライトブルー。キャップは新デザインで発注中です。
気になっている方、特別価格で購入できるおトクな情報がありますので、
ぜひこの記事を最後までご覧になってください。

10月中の発売を予定しているレオスナイパーMK-Ⅱは、
以前ダイレクトベースで少量限定で販売された改造品、
「レオスナイパー リャマカスタム」通称“リャマスナイパー”がベースです。

今回ロットはほぼ全てAグレード品として出荷できる見込みです。
(逆にBグレード狙いだった方には申し訳ないですm(_ _)m )

およそ直径56mm、幅40mm、有効幅38mm
キャップを含む総重量62~63g、うちリム重量28g
基本的に旧型のレオスナイパーのリムを軽くしただけですが、
リムの形状が変わったことと、加工精度・組立精度向上により、
全くの別物になっています。バージョンアップというか、全くの別物です。
長いアクセルで旧型レオスナイパーを合体しスーパーワイド化してもブレない、
脅威の回転精度。今までのレオスナイパーは一体何だったのか(震え声)

レオスナイパーの本来想定していた設計思想として、
真鍮リム+サイズDベアリング+インバースラウンドで回転性能を稼ぎ、
回転を稼いだ分は、極限まで軽量化してスピードを手に入れる。

試験的に作ったリャマスナイパーでそれを実現できていたため、
今回のMK-Ⅱは、リムの形が若干違いますが、
リャマスナイパーとほぼ同等品と言えます。
あるいはリム形状により、リャマスナイパーよりも軽く感じるかもしれません。
軽く感じるというか、まずフルサイズヨーヨーとしての重さを全く感じません。
そのため体感的にヨーヨーを見失いやすい気もしますが、
いざキャッチすると思わぬ勢いで戻ってくることから、
感じにくいだけで真鍮リムの回転性能はかなりのものがあります。

ストーリーブックを主体とするシュトルム・パンツァー製品としては例外的に、
コンテスタント向け商品としてプロモーションをしていく予定です。
しかしレオスナイパーMK-Ⅱは一般的なバイメタル・フルメタルヨーヨーとは、
一線を画す独特の不気味なフィーリングがあります。
おそらく多くプレイヤーの、振った第一印象は【?????】でしょう。
逆に言えば、それほどまでに未知の可能性があるということなのです。

昨今では多くのメーカー様から高性能なヨーヨーがリリースされており、
いわゆる「大会で勝てるヨーヨー」は、ある程度スペックの相場が決まりつつあります。
しかしメーカー各社とも揃ってトレンドに合わせすぎると、
業界全体として新製品・新規格の開発が停滞してしまいます。
そこでシュトルム・パンツァーではトレンドをおさえつつも、
イレギュラーな要素を持つヨーヨーのリリースを常に心がけています。
(レオスナイパー、シュナイダーはヨーヨーラボラトリOEM製品ですが、
いずれもシュトルム・パンツァー側が構想する独自の仕様としてOEM供給を受けており、
性能やブレについての検証は、シュトルム・パンツァーが独自に行っています。)

ですが「未知の可能性」と聞いて、購買意欲が沸く人と、
購入を渋る方がいらっしゃるかと思います。
後者ならば旧型のレオスナイパーをおすすめしたいところですが、
残念ながら生産終了&完売となっています。

そこでダイレクトベース(直販)にて、レオスナイパーMK-Ⅱを
期間・数量限定・特別価格で先行販売します!価格は発売時に発表いたしますが、
標準価格15800円に対してかなりお買い得な価格設定にいたします。

ただし条件として、ご購入いただいた方は、シュトルム・パンツァー宛に
メールでレビューを投稿していただきます。
レビュー内容はハンドルネームまたは匿名にて、公開させていただく場合があります。
先行販売後は、皆様のレビューを参考にしてもらい購入者を募ろう、という目的です。

また既にダイレクトベースでレオスナイパーまたはリャマスナイパーをお買い上げいただいた方のみ、
ご希望があればストーリーブック1か3に変更できるサービスもいたします。

その他、大会の規模にかかわらず、コンテスタント向け商品として
「大会にレオスナイパーMK-Ⅱで出場したい」という方には、
お客様のこれまでの実績や、出場する大会の内容などに合わせて、
メールにてお問い合わせ・ご相談の上、特別価格でご提供いたします。
(契約選手ではなく、スポット的なスポンサードとお考えください。)

少々メールがご面倒かもしれませんが、「チームに入る」というのは、
時にご自身の活動の妨げや、自由なヨーヨーライフの妨げになる場合があるため、
もっと気軽にスポンサードを受けられる程度のものとお考えください。
そういったサービスはレオスナイパーMK-Ⅱだけでなく、
他のラインナップでも順次展開していきますので、
今しばらくおまちください。

それでは、レオスナイパーMK-Ⅱの発売をお楽しみに!
(とりあえず新しいキャップが出来たら写真をアップしますね。)

**********************************************************************

そして発売早々、レオスナイパーMK-Ⅱの登場で影が薄くなりつつある、
SY-003シュナイダー。『高性能で“普通に”使いやすいヨーヨー』をご希望ならば
間違いなく、間違いなくレオスナイパーMK-Ⅱより、シュナイダーをおすすめします。
もちろんストーリーブックの完結のためには全機種を購入いただく必要がありますが!

シュナイダーは重量が重めなので敬遠されている方もいらっしゃるでしょうが、
ステルスオーガと同様に、実重量よりも軽く感じるように設計されているため、
数値は無視してください。ただステルスオーガよりはもっさり感があるでしょうか。
レオスナイパーMK-Ⅱの未知の可能性と同じで、数値だけを凝視していると、
新しい可能性と出会えなくなってしまいます。
自信を持ってリリースしていますので、ぜひ数値は無視してください。
強いて言えばポッティングキャップを外せば、1~2gほど軽くなります。

シュナイダーとOEM元機種のエラン(プロトタイプ)の違いとして、
アクセルが貫通式か、非貫通のヘソ型かがありますが、
高速戦闘隊の前川伸之介隊員がやっているトップオントリックには、
貫通式アクセルの軸穴にツメを当てて行っているものと思われます。
ぜひトップオンナー(でいいの?)の方はシュナイダーをおすすめします。
多分トップオン単体のスリープ時間は1分超えると思います。
前川隊員、レオスナイパーで1分トップオンやってたので(笑)

コメントは受け付けていません。