日本ヨーヨーフェア2013 シュトルム・パンツァーブースレポート

シュトルム・パンツァー支援遊撃隊、ユッキーです。
11月16日、大阪にて日本ヨーヨーフェア2013が開催されました。
ブース出店やスポンサーステージが主な内容のイベントで、
我々もブース出店、スポンサーステージをさせていただきました。
ちなみに元帥G&Kは急用につき欠席でした。

まずはシュトルム・パンツァーブースのレポートから。
これまでのシュトルム・パンツァーのヨーヨーが、
運び屋ゾイド「グスタフ」に輸送されている
という、ゾイド全開。
他にもメカ生体ゾイド版シールドライガーの展示などがありました。

今後発売予定の新機種、
SY-004 エクリプスオーガL(ルナ)(ピンクの方)と
SY-005 エクリプスオーガR(レイ)(きみどりの方)の試作品展示です。
ステルスオーガに似ていますが、実はかなり形が違います。
コテコテの3A向き機種というわけではなく、
最凶最悪ゆえに人によってはまったくなじめなかったステルスオーガを、
もっと万人向けに調整した結果として、3Aで性能を発揮しやすくなりました。
もちろん『ステルスオーガの上位互換・後継機』という扱いですので、
1Aでもステルスオーガが苦手だった人にはぜひおすすめします!
3Aも超お買い得価格の3Aセット販売予定だそうです!

(※ヨーヨーフェアにてステルスオーガは生産終了をアナウンスいたしました。
メーカー在庫は2013年度内に枯渇する見込みです。お早めにお買い求め下さい。)

なお2014年以降のリリース予定は
・SY-006 シュナイダー・ブレードアタックモード
・RY-007 YUKIKO
・WY-008 量産型ステルスオーガ(仮)
……と続いていくらしいです……。

シュトルム・パンツァー支援遊撃隊、さだやす隊員の手作りの、
1/1スケール・ホーミングブースターです。
写真でもわかるように驚くほどクオリティーが高く、
糸を通して実際にヨーヨーをつけることができます。




設定画をややアレンジした形となっていますが、実物の方が迫力がありますね!
蒼井京獅郎のヘッドギア「タクティカル・アイ」から無線でレオスナイパーに指令を出し、
レオスナイパーが導電性ストリングを通じて、ホーミングブースターを制御して敵を攻撃する、
それが「カウンターグレネード」なのです。
上のイラストはエクストリームトリック賞が取れる必殺技「シュトルム・クローバーエッジ」です。
さぁみんな、ホーミングブースターで戦うんだ!!!!!

こうした再現アイテムにより、より一層作品世界に入り込めたのではないでしょうか。

ちなみにさだやす隊員、

シュトルム・パンツァーストーリーブックのメイン作家である「六条公園」のミニイラスト展。
回転台をクルクル回して観覧いただきました。
何気に写真の中のイラストのうち下段のイラストはストーリーブック4(未発売)のものです。
何やら新キャラの顔はまだ秘密らしいですが……(!)

物販では、
・SY-001P ステルスオーガプロトタイプ
・SY-001 ステルスオーガ
・SY-002 レオスナイパーMK-2
・SY-003 シュナイダー
・SY-003S シュナイダー劇中仕様
・シュトパンオリジナルサイズのIrPad(おまけのステッカー選べました!)
など販売しました。

シュナイダー劇中仕様のお値段はなんと¥3,500です。
¥13,500ではありません、¥3,500です!!!!!
レオスナイパーとセットになっているストーリーブック2巻で初登場した際の
シュナイダーの状態を再現した少量限定の特別モデルです。
詳しくはストーリーブック2をご覧ください。
物販開始後一瞬で完売となりました。ありがとうございました。


そしてスポンサーステージ。
高速戦闘隊員、支援遊撃隊員によるメンバー紹介を兼ねたデモンストレーション、
製品紹介が主な内容でした。
高速戦闘隊員の前川伸之介隊員によるステルスオーガのフルトップオンデモは
多くの方に見ていただき、大盛り上がりでした。
(フリースタイルを全部トップオントリックだけで通すんですよ!?!?!?)

シュトルム・パンツァーは、今年から本格的に活動を開始させていただいたばかりですが、
とても多くの方々がブースにお越し下さいました。
本当にありがとうございました m(__)m


↑特に意味はありませんが、本人が掲載希望のため載せます。

コメントは受け付けていません。