「オーガ」というネーミング

 1月1日にサイトを正式版に移行してから、Twitterでのたくさんのフォローや、
「イラストレーター」「高速戦闘隊」「支援遊撃隊」等のお問い合わせをいただいており、
大変おどろくばかりです。
まだヨーヨーの販売も始まっていないのに、本当にありがとうございます。
順々に返信させていただきますので、もうしばらくお待ちください。
「SY-001 ステルスオーガ」に関しては今月中、どんなに遅くとも来月までには、
ヨーヨー販売店様か、何らかの方法でご購入いただけるよう準備を進めております。
もうしばらくお待ちください。m(_ _)m

 

前回の記事では
「凶悪なヨーヨーを作りたくてステルスオーガを作った」
までお話ししましたね。
今回はステルスオーガのネーミングについて。

 
「ステルス」というのは今回のリリースにあたって後付けしたもので、
本当に名付けたかった名前は「オーガ」の方です。
「新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN」というレースアニメ作品があり、
アニメ制作会社のサンライズの作品としては「機動戦士ガンダム」シリーズに次ぐ、
長編シリーズ作品の最後のシリーズになります。
このシリーズで「アオイ 凰呀 AN-21」というマシンが登場しますが、
最速のマシンでありながら誰も乗りこなす事ができず、
2人のテストドライバーを事故死させ、設計者本人までもを自殺に追い込むという、
大変おそろしい紫色のマシンでした。
カラーリングは紫・白・ピンク・金色の組み合わせで。

 
他には小学館の「ゾイドバトルストーリー」にて
「ゴジュラス・ジ・オーガ」という恐竜型の戦闘機械獣が登場します。
こちらもやはり、凶暴すぎて誰も乗りこなせない最強のゾイド。
さらにパイロットとの精神リンクにより、
パイロットの精神を殺人鬼のように変貌させてしまう。
という設定があります。

 
このように「オーガ」という名前が付くものは、
最強であると同時に、命をかけて乗りこなさなければなりません。

 

そして出来上がったステルスオーガは

「誰にでも使いやすい、万能で、クリーンなヨーヨー」

などではなく

「使い手を選ぶ、ピーキーで、凶悪なヨーヨー」

に仕上がりました。計算通り!
もちろん他社製のフルメタル機種に比べて特別に危険があるわけではありません。念のため。
ピーキーと言ってもそんなに重量を感じません。流行のスペックとは少々離れていますね。
ただヨーヨーをやっている人全員がスピードプレイを意識しているわけではなく、
むしろ大会に出ない人は回転力の高い安定したヨーヨーで、
ゆったりストレスなくプレイしたいのではないでしょうか。
それに3Aだと、縦系は特に回転力が大切です。
そういう観点では、ステルスオーガは「誰にでも使いやすいヨーヨー」かもしれませんね。

 それに「ストリングトリックヨーヨーは65グラム前後が標準」
という常識はちょっと古くないですか???
それ2002年ぐらいから、つまり10年以上前からありますよ。
その常識はそろそろ塗り替えるべきと思ってステルスオーガをリリースしているのですが、
ダメですかね?

 

 

 

 

 

だからプトティラコンボじゃないんだってば!(笑)

「仮面ライダーオーズ」のプトティラコンボも同じですよね。
最強なんだけど、暴走紙一重っていうところが。
「エヴァンゲリオン初号機」なんかも、同じ紫色で、
度々暴走しては使徒を食ったりする凶悪感がありますね。

 

スペック的な話はまた次回にでも。

シュトルム・パンツァー戦闘開始

 はじめまして。あけましておめでとうございます。
シュトルム・パンツァーの企画・原案を担当するG&Kと申します。
私は本当に「企画」「原案」というコンセプトを考えているだけで、
多くのキャスト陣の手により、シュトルム・パンツァーは動いています。

このブログはシュトルム・パンツァーのコンセプトをつらつら語るブログです。
オフィシャルサイトと同じドメイン上にありますが、“別サイトっぽい”雰囲気を出したいので、
ブログだけ独立する形にしました。
オフィシャルなブログですが、決定事項を載せる場ではないため、
ややアンオフィシャルチックに。

 

 シュトルム・パンツァーの真の目的は、ヨーヨーの漫画を創ることです。
正確にはヨーヨーを一部題材にした漫画であり、
人間関係の描写に重きを置いています。

・そのためにヨーヨーを作り、
・挿絵付ミニ小説&設定資料集「ストーリーブック」をセットで販売し、
・軍資金を集め、

『脚本とキャラとメカと必殺技は全部そろっているので、漫画描いてください』

と、プロの漫画家さんにお願いしに行きます。
ヨーヨー格闘SFマンガ。読んでみたいとは思いませんか?

ヨーヨーの漫画作品は、小学館様で過去も現在も連載されていますが、
商品展開に合わせて物語を創る、誰にでも読めるソフトな内容、ではなく。

物語主導で商品展開を行い、読む人を選ぶ、ハードな内容を、
たった1話だけでもいいので、「漫画」という形にしたいですね。

ちなみに主要キャラはこのブログのトップバナーの5名です。

 

というわけでヨーヨー自体を作る気は、あまりありません。

『じゃあ俺の作ったヨーヨーをパンツァー製品として採用してくれよ』

という奇特な方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。検討いたします。
イラストを描いていただける絵師様は常に募集しております。
(「萌え」は、あまり求めていません。ごめんなさい)
公式サイトの「求人情報」のコンテンツをご覧下さい。
ただ「ステルスオーガ」は、ずっと作りたかったコンセプトのヨーヨーです。
クリーンでヒロイックなヨーヨーが多い中、凶悪なものを作りたかった。
まるで人を殺すかのようなヨーヨーを。

単一素材のフルメタルヨーヨーが飽和するヨーヨー市場ですが、
それでも金属リム(外周に比重の重い素材を用いる構造)の
回転体としての優位性は変わらないと考えています。
市場にあまり出回らないのは、性能とは関係ない要因であると主張します。

ステルスオーガのスペック・設計理論に関しては、公式サイトの
「製品情報」と「お問い合わせ」内のよくある質問をご覧ください。
そして出来上がったヨーヨーは、紫色のボディーに、金色のリムという、
凶悪なカラーリング。

ん? 紫×金と言えば…

 

 

 

 

 

恐竜系コアメダル!

しかもキヨちゃん、右手(笑)
ステルスオーガのネーミングとデザインのコンセプトは、
「仮面ライダーオーズ」とは、本当に、一切、関係ありませんが、
“アンチジャミング特殊コーティング”の色を工場に指示する際、
「プトティラコンボ風で」と伝えています。

 

それではまた。