SY-003シュナイダー、SY-002Lレオスナイパーリャマカスタム

ブログの更新も久々ですね。 レオスナイパーの軽量版(本来想定しているスペックのもの)
よりも先に、 SY-003シュナイダーが仕上がってきました。 更新停滞していた主な理由は、
ストーリーブック4と5が同時発売だからですね。 つまりSY-004とSY-005は同時発売!

そして更新停滞している間に、支援遊撃隊のメンバーがレオスナイパーとステルスオーガの
クリップを作ってくれましたので、ぜひご覧ください。 どちらも使っているのは
ブレありのBグレード品です。中学生はお金が無いので(笑)
『ブレてもブレなくても使えりゃ一緒だろっ!』by蒼井京獅郎
を体現しているクリップと言えましょう。

さて「SY-003シュナイダー」について詳しくは公式サイトをご覧いただければと思いますが、

「ステルスオーガの兄弟機」というコンセプトは、機種としてのシュナイダーだけでなく、
ストーリーにも反映されています。
たとえばボディーカラーがシルバー(薄いアルマイトなのでRawではありません)で、
別にカラバリを作れないわけではないのですが、シルバーのみ。

ステルスオーガと同じコンセプト(=人を殺すためのヨーヨー)で作られながらも、
『アンチジャミング特殊コーティングが無くて電子戦に弱い』 ということで無色。
電子戦に弱いシュナイダーは劇中では開発凍結して放置されました。
未完成のまま放置されているあたりがプロトタイプ感であり、
やはりプロトタイプということでrawに近いシルバーなのです。

ステルスオーガを超える攻撃力を持つとされるシュナイダーですが、
主人公の蒼井京獅郎に与えられたのは非戦闘用のレオスナイパー。
っていうかステルスオーガはどこへ行ったの?
そこらへんはストーリーブックを読んでみてください。
発売日は9月上旬です!いわゆる定価は16800円。
発売延期はありえませんので、お財布の準備のほどよろしくお願いいたします。
Tシャツキャンペーンもやってますよ!

あともう一つ。製品版と言いますか、テスト販売品に近い改造品ですが、

『SY-002L レオスナイパーリャマカスタム』

を少量販売します!詳しくはダイレクトベースの商品ページをご覧ください。
ヨーヨースタジオリャマが真鍮リムを独自の解釈で設計から組立まで全て行い、
重量はキャップなしで60g。レオスナイパーが想定しているスペックを実現しています。
正直、売るのがもったいないぐらいです!

「60g」と聞いてどう思いますか? 「軽すぎる」と思ったのでは?
確かに65g前後が一般的であり、ステルスオーガやシュナイダーが70g弱なので、
圧倒的に軽いです。ですが、軽すぎてフワフワするということはありません。
真鍮リム、サイズDベアリング、インバースラウンド形状で回転性能を稼いだ分、
実重量を軽量化してトリックのスピードをアップさせ、なおかつ安定性を保ちます。
これまでのレオスナイパーよりも6gも軽くなっており、もはや別のヨーヨーです。

レオスナイパーと同じく看板機種であるステルスオーガ。
こちらも「スピードが出る」とよく言われますが、どちらかというと
「実重量に対して、思いの外、スピードが出る」ということですので、
レオスナイパーとは構造通り真逆の「スピードの出やすさ」なのです。
ステルスオーガは実重量に対して体感重量が軽く感じるように設計されています。
一方でレオスナイパーは構造的には体感重量を重く感じやすいですが、
単純に重量が軽いのでそこでスピードが生まれます。
同じ「スピードが出る」でも、その理論は全く逆なのです!

レオスナイパーリャマカスタム、通称「リャマスナイパー」をベースに、
製品版のレオスナイパーも生産を開始するところです。
とは言えブレとの極限状態での戦いをクリアした個体に組み上げないといけないので、
工場で生産を開始したからすぐに販売できるというものではないですが……。

しかし!ストーリー本編では、ついに京獅郎×レオスナイパーの必殺技(フェイバリット)
『シュトルム・クローバーエッジ』が炸裂します!!!!!
よくアニメやゲームでヨーヨーを武器にしたキャラが登場したしますが、
シュトルム・パンツァーの必殺技はそれらとは一線を画した、
本当にヨーヨーを知っている人間にしか描けないものです。
そこらへんもお楽しみいただければと思います。

『こりゃエクストリームトリック賞だな……』

ようこそ!シュトルム・パンツァー/“強襲機甲師団”


 本日は2013年全日本ヨーヨー選手権大会(通称2013JN)の初日です。
来場者全員に『シュトルム・パンツァー ミリタリーシークレット』をお配りしています。
初めてシュトルム・パンツァーを知ってこのブログにアクセスした人向けに、
これまでのシュトルム・パンツァーをざっくりと紹介する記事です!(公式サイトはコチラ

<あらすじ>

 2013年、21世紀の新世代格闘技ヨーヨーフィストの年間チャンピオンリーグは
第6回シーズンを迎える。戦績不振の中堅チーム・シュトルム・パンツァー(“強襲機甲師団”)に、チーム運営権を持つ軍需産業「マーシャルインダストリ」から、
エンジニアの火野霞美(ひの かすみ、27)と新型ヨーヨー「ステルスオーガ」が送り込まれた。

 霞美が開発の一端を担う、ヨーヨー制御システム「バイオスピナー」。
ヨーヨーと脳を直結させることで超人的な戦闘能力を発揮する。
そのシステムデバイスを搭載したステルスオーガの導入により、チームは戦績を取り戻す。
再起へと動き出したシュトルム・パンツァーだが、ステルスオーガには
恐ろしい秘密があった……

(最新のあらすじはコチラです)

…続きは「SY-001 ステルスオーガ」「SY-002 レオスナイパー」等に付属する購入特典
『シュトルム・パンツァー ストーリーブック』にてお楽しみいただけます。
挿絵イラスト&設定資料集ありのミニ小説形式で物語が進みます。
ストーリーは全〇話完結で制作中!
主人公・蒼井京獅郎と、アラサー男女の火野霞美&氷浦豪機を主眼とする物語です。

 

<ヨーヨーはおまけです>

 シュトルム・パンツァーのヨーヨーは“おまけ”です。ヨーヨー売る気はさらさらありません。
しかし! “おまけ”と呼ぶには難があるほどの最強パワーのヨーヨー達をリリースしてします。

最凶最悪のヨーヨー「ステルスオーガ」。(写真は色違いのプロト)
とにかく強力な回転と安定性、その大きさに見合わないスピードを求める方におすすめ。
さらにトップオン性能も高く、シュトルム・パンツァー高速戦闘隊の前川伸之介が、
トップオン・オンリーの構成でフリースタイルで優勝したほどです。
http://www.youtube.com/embed/nxVCPKHzfBo

主人公・蒼井京獅郎の専用機。正統派ヨーヨー「レオスナイパー」。
3段ステップインバースラウンド+インナー真鍮リム+サイズDベアリング
という珍しい組み合わせですが、流行の形状を保ち回転を強化した正統派モデル。
ステルスオーガが使い手を選ぶヨーヨーなのに対し、レオスナイパーは万人向けです。
高速戦闘隊の前川伸之介は、レオスナイパーでトップオン1分回します!
http://www.youtube.com/embed/gPMZcTaI438

<ご購入先>

 シュトルム・パンツァー製品はブランドの方針として、ご購入いただけるショップを厳選しております。2013年6月現在は下記で購入可能です。

・ヨーヨーストアリワインド(シュトルム・パンツァーのカテゴリページへ。)

・シュトルム・パンツァー ダイレクトベース(直販サイト)

そしてリワインドのレオスナイパー初回購入特典だった『霞美のマグカップ』ですが、
ダイレクトベースにはまだ在庫が少しだけあります!
現在レオスナイパーが予想を遥かに上回る売れ行きで在庫切れなのですが、
ステルスオーガか、ブラストがほぼ無しのステルスオーガプロトタイプを
ご購入いただけますと、霞美のマグカップがもらえます!

そして最後にシュトルム・パンツァーの隊員(チームメンバー)募集の告知です。
詳しくは公式サイトの「師団戦力」をご覧いただければと思いますが、
シュトルム・パンツァーのヨーヨーで大会に出たい人、
シュトルム・パンツァーのファンの人はぜひお気軽にご応募ください。
皆さんのシュトパン愛を心よりお待ちしております!

レオスナイパー発売!そして完売!【開発秘話1】

5月22日よりヨーヨーストアリワインドで「SY-002レオスナイパー」(プレリリース版)が発売されました。(写真はリワインド様ストアブログよりお借りしました。)
今回生産分のレオスナイパーは通常品(Aグレード)もアウトレット(Bグレード)も、
全てリワインドに入荷したのですが、5月25日の朝に通常品もアウトレットも完売となってしまいました!
前作のステルスオーガよりも圧倒的な売り上げペースです…。
まだ詳しい構造理念についてもブログ書いてないのに!

<5月26日の19時30分ごろ追記>
シュトルム・パンツァー高速戦闘隊第1A小隊所属の前川伸之介隊員が、
レオスナイパーでトップオンを1分間回している動画です。レオスナイパー強すぎる!

在庫はシュトルム・パンツァーダイレクトベースで取り扱う用のもありません。
慌てて再生産を始めたところなのですが、今後は仕様が変更になり、
重量が66グラムから60グラム近くまで軽量化される、予定です。
軽量化すると↓のグラフの2つの曲線の違いがよりはっきりと見えてくると思います。

 
開発秘話その1<どうしてレオスナイパーが生まれたのか?>

 レオスナイパーはストーリーブックの主人公・蒼井京獅郎の専用機です。
えっ?ステルスオーガが主人公機じゃないの?
と思われがちですが、主人公機はレオスナイパーです。
何故最初にリリースされたのが主人公機ではないステルスオーガなのかというと、

『ヨーヨーを兵器にしてしまう』『ヨーヨーで人を殺せる』

という世界観をまずは作る必要があって、第一弾にリリースするヨーヨーは
とにかく凶悪なヨーヨーでなくてはダメだ!
ということでステルスオーガを作りました。

なのでその次にリリースする主人公機はステルスオーガとは、
全く特性の異なるヨーヨーにしないといけません。
ステルスオーガが「最凶最悪。使い手を選ぶヨーヨー」なのに対し、
「誰にでも使いやすく、ステルスオーガと反対のスペックを持つヨーヨー」。
ステルスオーガの完成度が高い(実質プロトが存在しない)ため、これは難題である。
そこでYoYoLaboratoryで試作を繰り返していた「Style」というヨーヨーに注目。
3段ステップインバースラウンド、インナー真鍮リム、サイズDベアリング、比較的軽量。
おぉ!これぞまさしくステルスオーガの反対を行くヨーヨー!!!!!

『これいいじゃないですか。じゃあこれ主人公機にしちゃいましょうよ。』

という流れで何も深く考えずに主人公機が決まり、名前はゾイドっぽくレオスナイパーと命名。
カラーリングはシュトルム・パンツァーのエムブレムを象徴しています。
ただこの時Styleは未完成で、製品としてリリースするのはどうかという仕上がり具合でした。

最終的にはステルスオーガで得た開発技術を取り入れることで、
ひとまずは「プレリリース版」ではありますが、レオスナイパーとして製品化できました。

ちなみにレオスナイパー、発売と同時にアウトレット品が並ぶという異例なヨーヨーです。
なぜだと思いますか?

商品説明にもありますが、レオスナイパーは構造上どうしてもブレやすいのです。
おかげでアウトレットのBグレード品が大量発生してしまいました。
もちろん通常品、Aグレードとしてリリースしているものはブレませんし、
ブランドイメージの観点から、ブレる物を平気でリリースできるわけがありません。

(ただしブレないヨーヨーを作ることを目的としていないため、
 シュトルム・パンツァー製品がブレの観点で信用出来ない方にはTP社を推奨します。
 むしろTP社のバイメタル機種をお買い求めください。
 その方がヨーヨー市場の景気が上向きになるので、業界全体としては助かります。
 
 1万円台のヨーヨーに性能とブレの無さを同時に求めるのは、各社とも限界であり、
 これ以上を求める方はもっと高額なヨーヨーを購入してください。
 
 シュトルム・パンツァーは、ブランドの趣旨をご理解いただき、
 信じて購入していただいた方だけが幸せになっていただければ、十分ですので、
 ブレに対して非常に神経質なユーザー様に対し、購入を推奨いたしません。
 『ブレてもブレなくても使えりゃ一緒だろっ!』という蒼井京獅郎の決め台詞は、
 今日におけるヨーヨー業界へのアンチテーゼです。)

 

さて、話は戻りますが…
レオスナイパーの構造の各部分を分析すると、

・ボディーとリムで素材の違うバイメタル構造のためブレやすい
・幅方向に対し外側に重量が寄るインバースラウンド形状のためブレやすい
・幅方向に対し、内側が軽量化されて結果的に外側に重量が寄るサイズDベアリング
・さらにサイズDベアリングはサイズCよりローエッジ化するため投げ出しでブレやすい
・アウター真鍮リムよりインナー真鍮リムの方がブレやすい(今度理論を説明します)
・そのインナー真鍮リムが一番ブレやすい位置に取り付けられている
・しかも総重量66グラム中、リムが32グラムで、ブレ始めると影響が大きい
・内周部の軽量化目的で「ヘソ」がなくアクセルも短いため、ブレ始めると影響が大きい

というように、ブレやすい要素が多く詰まっています。
Styleとしては1年以上も試作を繰り返していますが、物理法則からは逃れられません。
これらは同サイズ・形状における回転力を追求した結果であり、欠陥ではありません。
それを高確率でAグレードに仕上げる方法を、何個も潰してBグレード化しているうちに
発見できたので、最終的にはリワインドでAグレードとして販売できる十分な数量を
確保できました。それでも即売り切れてしまいましたが!
次回ロットからはもっと安定してAグレードで仕上げられそうなので、
次回ロットはBグレードを最初からリリースできないかも?
いや、まぁ、Aグレード買ってくださいよ(笑)

ちなみにステルスオーガのブレによるBグレードはほとんど発生しておりません
それぐらいステルスオーガの回転力と回転精度の両立具合は完成しています。
「SY-001Pステルスオーガプロトタイプ」「色が気に入らない」というだけで
プロト扱いになったので、ステルスオーガは最初からこの完成度。
ヨーヨーがブレるかどうかは加工精度ではなく構造で決まる、というのがよく分かりますね。
では続きはJN後にでも。

おっと、シュトルム・パンツァーは2013JNのゴールドスポンサーです。
販売ブースは出しませんが、何やらJNに向けて仕込んでいいますのでお楽しみに。

主人公機「SY-002 レオスナイパー」ロールアウト!

 前回の記事からだいぶ間が空いてしまいましたね、4月~5月GWは本当に大変でした。
シュトルム・パンツァーは単にヨーヨーを作って売っているわけではないので、
ヨーヨー作るよりも、ストーリーブックやその他ストーリー関係作る方が圧倒的に大変です。
(なんせヨーヨーの開発は他人任せなのでw)
ストーリーブックも現在3~5あたりを既に描き始めています。

 さて、「SY-001 ステルスオーガ」に続き、第2弾ヨーヨーの発表です。
シュトルム・パンツァーストーリーブックの主人公・蒼井京獅郎の専用機、
SY-002 レオスナイパー」です!

超々ジュラルミンの3段ステップインバースラウンド
32グラムのインナー真鍮リム、
そしてサイズDベアリング。
比較的軽量ながら、この形状・サイズ内で極限まで回転性能を突き止めた機体です。
仕様やスペック等の詳は公式サイトの「製品情報」のレオスナイパーの項目をご覧ください。


このレオスナイパー、劇中では「タクティカル・アイ」と「ホーミングブースター」により
新戦法「カウンターグレネード」を可能としています。
マジでビックリするぐらい本格的なSF設定があるため、ぜひ設定資料集のPDFをご覧くだい。
これを見たら、「シュトルム・パンツァー」へのイメージがまた一新するでしょう。

「タクティカル・アイ」(.pdf)

「ホーミングブースター」(.pdf)


そしてレオスナイパーに付属する(というかレオスナイパー「が」付属する)
ストーリーブック[2]では、時代が2013年から2015年に移り、いよいよ本編に入りました。
主要キャラが4名揃って、戦闘に参加する京獅郎・零太・豪機がどんな戦い方をするのか?
必殺技(フェイバリットホールド)をその目で確かめろ!

 ~ブレてもブレなくても使えりゃ一緒だろっ!~

ダイレクトベース/“強襲機甲師団之直販基地”オープンしました

本日より、シュトルム・パンツァーの直販オンラインストア
『シュトルム・パンツァー ダイレクトベース』(“強襲機甲師団之直販基地”)
http://sturmpanzer.cart.fc2.com/を開業しました!
今後シュトルム・パンツァーのヨーヨー以外にも色々なものを扱っていく予定ですので、
ぜひブラウザのお気に入り・ブックマーク等へ登録をお願いいたします。

オープン記念&『SY-001Pステルスオーガプロトタイプ』のリリースを記念して、
【霞美のマグカップキャンペーン】を開催中です。
ヨーヨー1点お買い上げごとに、火野霞美が愛用しているマグカップをプレゼント。
裏面には、そのマグカップでお茶を飲む霞美のイラストが!(イラスト・六条公園)
予定配布数に達し次第終了です。お早目にどうぞ。
ご購入の際はぜひ会員登録のほどよろしくお願いします。
他店様に比べて発送・支払がやや不便な分、ポイント還元がありまので、
シュトルム・パンツァーというブランドのファンの方には、お得になっています。
ダイレクトベースは携帯電話やスマートフォンでもアクセスできますが、
現在はモバイル用に調整しておりませんので、ぜひPCからのご購入をおすすめいたします。
もしモバイルからご購入の場合、自動送信メールが届きますので、
@sturm-panzer.jpからのメールを受信できるように設定をお願いいたします。
そしてダイレクトベースでは、何やら「SY-002」の予告をチラ見せです…。

↑SY-001P ステルスオーガプロトタイプ

↑ストーリーブック2予告

シュトルム・パンツァー基地、生物兵器攻撃にて壊滅状態!

これは敵陣営からの生物兵器攻撃なのか!?
ただいまシュトルム・パンツァー基地内では、
インフルエンザの集団感染により、壊滅状態です。

元帥G&Kをはじめ、出荷担当、Web管理担当、その他諸々、
全く動けない状態です。

そんな中、ヨーヨーを全く知らないのに黙々とストーリーブック2の
イラストを描き続けている六条公園先生
シュトルム・パンツァーに開発協力をしていただいているヨーヨーラボラトリ様
高速戦闘隊・支援遊撃隊の面々
本当にお疲れ様ですm(_ _)m

というわけでストーリーブック2のイラストのうちの1枚のラフ画を本邦初公開!
これはラフ画なので完成画はまだお見せできません!
はっきり言って、イラストのクオリティは期待して間違いありません。

 

前回のブログでもかじりましたが、
シュトルム・パンツァーの直販サイトをオープンします。
サイト自体は基本的に出来上がっているのですが、
生物兵器攻撃の件も含め、諸般の事情によりまだオープンできない状態です。
ただ公約通り、3月中には暫定的にでもオープンしたいと思います。

おそらく多くの方が想像していると思いますが、
オープン記念のキャンペーンもありますので、お楽しみに。
↓とりあえずキャンペーンの詳細のモザイク画像だけ載せます(笑)

 

JYYP『俺のヨーヨーがこんなに可愛いわけがない』

ヨーヨー擬人化同人サークルJYYP様の同人誌、
『俺のヨーヨーがこんなに可愛いわけがない』の1巻と2巻を
譲っていただきましたので、紹介させていただきます。
シュトルム・パンツァーのストーリーブックも
“薄い本”という点では共通ですので(笑)

各作家さんのお気に入りのヨーヨーを女の子や男の子に擬人化した
イラスト&機種レビュー集です。

ヨーヨーをプレイしている女の子のイラスト集が世間に存在するようですが、
こちらはヨーヨープレイしている女の子ではなく、
ヨーヨーそのものが女の子や男の子として描かれています。

個人的にはmuuさんのYYR社のメシアと6が姉妹で、メシアとオーバードライブが親友
という人間関係図まであるのがツボでした。

コミックマーケット(コミケ)出展時に作られたものですが、
Twitterで代表のしゅしゅさんにダイレクトメッセージを送れば購入できるとのことです。
気になる方はお早めにご連絡を入れてみてください。
普通、“薄い本”は少量製版&第二版は出ないので、気になったら即買いです!

 
ちなみに。
「ヨーヨー擬人化」というワードが出てきて、
このブログを読んでいる方が想像するのは、ステルスオーガの擬人化でしょう。
ステルスオーガを擬人化したらどんなキャラになるのか?
想像や考え方は人それぞれありますが、公式には答えが決まっています。

ステルスオーガの擬人化が火野霞美であり、
同時に火野霞美のヨーヨー化がステルスオーガなんですね。

だから霞美とは別に主人公がいるのに、ストーリーブック1では霞美に焦点当てています。

霞美の外観には、紫色のアメジストのネックレスを付けているという以外に、
ステルスオーガを示すものはありませんが、
ストーリーを通して読んでいけば、あぁそういうことなのか、と分かると思います。

今後登場するヨーヨー全てが擬人化に対応しているわけではないですが、
現在発売に向けて準備しているSY-002にあたる機体は、
擬人化というか、主人公をヨーヨー化したものになります。
本日はそのロゴデザインなどを考えておりました。